162 江崎よしひで コロナ対策の専門家は誰?

▼県民の方と話をしていると「江崎さんでコロナ対策は大丈夫なの」「コロナ禍には実績のある現職の継続でなければ」という声を聞くことがあります。これらの疑問のポイントは2つ。1点目「56歳新しい風」の江崎よしひで候補者のコロナ対策に対する力量と信頼性2点目は他県の知事と比較して「77歳までの5期20年を目指す」現職古田知事のコロナ対策は「良かった」「力不足だった」のどちらかという評価です。
( 通算HP閲覧回数 30,810 回 )リンク、シェア等ご自由にどうぞ。特に江崎よしひで候補に関する内容は拡散希望です。

▼1点目、「56歳新しい風」江崎よしひで候補者のコロナ対策に対する力量と信頼性。
江崎よしひで候補にコロナ対策ができるか、できないか、を議論する前に、江崎よしひで候補が語っているコロナ対策を知る必要があります。

知事選立候補が話題になる前江崎よしひで氏のインタビュー記事を御紹介します。コロナに対する恐怖を煽って、上から目線で規制や自粛を迫ることだけがコロナへの有効な対策ではないことに触れながら、コロナ対策、ポストコロナ対策、コロナの特徴と医療、メンタルケアなどについて分かり易く説明しています。是非とも御一読いただき、江崎よしひで候補のコロナ対策をご理解ください。

江崎よしひで候補のコロナ対策インタビュー記事
◯「今求められる医療とは何か」を問い直す
(2020年5月21日 日経クロステック/日経デジタルヘルス)

知事選立候補を表明後は、江崎よしひで候補は県民へこのように説明しています。
◯江崎よしひで時局講演会・飛騨市古川会場(2020年12月4日) (1:12:12)

▼2021/1/15岐阜新聞朝刊に、県専門家会議メンバー村上啓雄岐阜大名誉教授の「コロナ感染拡大防止のためにはマスク着用の徹底こそが重要」とする記事がありました。また、コロナウィルスの寿命は最高でも14日で、感染者の半数以上が無症状だそうです。江崎よしひで候補が県民へ説明していることと同じです。

▼2点目、「77歳までの5期20年を目指す」古田知事のコロナ対策の評価。
主観的な批判は避けたいので報道されたデータをご紹介します。

( https://uub.jp/pdr/q/covidjinko.html より )

( https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/ より )
▼データは「人口10万人あたりの感染者数は、累計でも直近一週間でも、全国42都道府県中13~14番目の多さである」と語っています。
▼この多さは大都市名古屋に近いからと説明されることが多いようですが、大阪や兵庫の通勤圏である奈良県や岡山県はそれほど多くないし、名古屋の通勤圏は広い県内でも岐阜と多治見周辺だけです。また、広島市という大都市を持つ広島県は岐阜県より少ないようです。データからは「岐阜県のコロナ対策は良い結果を導くことはできなかった」と評価されてしまいそうです。
▼このようなデータから、古田知事は、緊急事態宣言にあたっては、上から目線ではなく、まずは県民の気持ちにより添って「力不足だったことを県民にご理解いただく」という謙虚な姿勢からスタートするのが自然かもしれません。
▼なお、岐阜県庁では岐阜県を他県と比較するときに岡山県を対象にすることが多いです。人口規模、広島や兵庫の大都市圏に近い、平野部と山間部のバランス、産業構造や規模などが似通っているためです。その岡山県と比較すると、岐阜県の方がかなり感染者数が多いです。

( 2021/1/14 NHK ニュースウオッチ9 より )
緊急事態宣言11都府県に岐阜県が含まれていることに違和感を持つは私だけでしょうか。岐阜県が、大都市が所在する都府県ばかりの緊急事態宣言都府県に含まれたことは、知事や県民としては残念なことだと思うのですが如何でしょうか。

( 2つとも 2021/1/14 NHK ニュースウオッチ9 より )
▼このようなデータもあります。やはり、データは岐阜県の対策や状況が良くないことを語っていそうです。それにしても、岐阜市保健所の中村こず枝所長、岐阜県健康福祉部の堀裕行次長の行政手腕と頑張りは素晴らしい。ありがとうございます。お二方を尊重するリーダーシップがあれば、コロナ禍でも岐阜県民は安心できます。

▼今回の知事選での政治的権力を持っている方々の動きを見ていて思うこと。大きな権力を持った人が「周囲の人間はすべて自分の欲望を実現する手段だとみなしはじめる」なんてことが現実となりませんように。

▼こちらも是非ご覧ください。

161 江崎よしひで リーダーシップの違い

56歳新しい風の江崎よしひで候補のリーダーシップは素晴らしいです。本来は77歳までの5期20年を目指す古田知事と比較してその違いを御紹介したいのですが、主観的な批判は避けるべきなのでお許しください。
( 通算HP閲覧回数 30,057 回 )
2019.2.8開設以降約2年で 30,000回突破! ありがとうございます。

▼リーダシップについては様々な考え方がありますが、その中に「サーバントリーダーシップ」があります。「BIZHINT」では『部下に対して、奉仕の気持ちを持って接し、どうすれば組織のメンバーの持つ力を最大限に発揮できるのかを考え、その環境づくりに邁進するリーダーシップです。これは「支援型リーダーシップ」とも呼ばれ、従来の所謂「支配型リーダーシップ」とは相対するものです。』と書いています。江崎よしひで候補は、この「サーバントリーダーシップ」を実践しています。人を育て、組織を育てるリーダーシップです。だからこそ、非常に多くの県職員が江崎よしひで氏の下で働きたいと応援しています。さて、古田知事のリーダーシップはどのようなタイプでしょうか。



【出典】 BizHint(ビズヒント)https://bizhint.jp/keyword/14197

▼一方的に江崎よしひで候補のリーダシップの素晴らしさを伝えても信憑性に欠けますので、それを裏付ける知事選立候補前のネット記事(「管理職の3つの心得」2014年)を御紹介します。是非とも御一読いただき、江崎よしひで候補のリーダシップを御理解ください。そして、江崎よしひで候補が岐阜県の未来のために力を発揮できるよう御協力をお願いします。

▼経産省 生物科学産業課長 の時の記事(東洋経済ONLINE)
机を蹴飛ばされても前に進む「異色の官僚」(上)2014/04/30
スーパー官僚が語る、管理職の3つの心得(下)2014/05/07

▼こちらも是非御覧ください。

160 江崎よしひで 知事選第一声 現職との比較

1/7に岐阜県知事選が告示されました。56歳新しい風の江崎よしひで候補と77歳までの5期20年を目指す古田知事の第一声動画(YouTube)を御紹介します。両候補の政策を訴える様子を比較してください。
( 通算HP閲覧回数 29,303 回 )
.
.
▼報道によると、江崎よしひで候補がコロナ対策とコロナ後の岐阜県の姿などに満遍なく触れたのに対して、古田知事はコロナ対策だけだったようです。
.
.
▼県知事選では各候補が様々な政策を競い、県民はその内容で岐阜県の未来を託す候補を選びます。第一声を比較すると、古田知事は「目の前のコロナ対策」に争点を絞り込むのでしょうか。対して、江崎よしひで候補は「目の前のコロナ対策」に加えて「コロナ後の未来の姿」も争点としているようです。知事選に向けて、県民の関心に寄り添った第一声を発したのは、果たしてどちらの候補でしょうか。こんなところからも、各候補者のリーダーシップが透けて見えます。
.
▼古田知事は遊説などの選挙活動を行わないそうです。1/8中日新聞の記事では「新人は自分の思いを伝えるために遊説しなければならないが、現職はコロナ対策を進めることが有利に働く」「いいかげんなことを言っていないか自分の目で確かめたいし、誰に何を訴えているのか直接聞きたい」という県民の意見が紹介されていました。
.
▼また、名城大の昇秀樹教授(地方自治)の「何期もやった候補者だから取れる戦略だろう。コロナ対応に専念すると言えば大人に見え、他陣営が批判すれば子どもっぽく見えてしまう「選挙では候補に直接会い、表情や汗のかき方といった外見も含め、人となりを判断する部分が大きい。」という意見も紹介されていました。
.
▼報道によると、1/9に岐阜県が県独自の非常事態宣言(国が発令する緊急事態宣言とは異なる)を発令するようです。知事選関係では「集会の対策強化」「午後8時以降の外出自粛」などが求められるようですが、各候補者の個人演説会などは規制対象になるのでしょうか。選挙にあたって候補者の政策と人柄を知る機会を確保することは民主主義の根幹にかかわることなので、古田知事の判断と指示に注目しています。
.
▼こちらも是非御覧ください。
.
▼ところで、安倍前首相が約束していた新型コロナの指定感染症2類相当の見直しはどうなったのだろうか。( 全国保健所長会の緊急提言 及び デイリー新潮の記事 を参照 )

159 江崎よしひでを話題に静かなお正月を!

▼今年はコロナ対策で静かな正月です。巣ごもり正月には、岐阜県の未来を誰に託すべきか家族で話題にしてみては如何ですか。久し振りに、県民が実質的な選択権を行使できる1/24知事選に向けて、江崎よしひでを家族で研究しましょう。
( HP閲覧回数 28,253 回 )

元岐阜高校応援団長江崎誠英君のエール(私の教え子でもあります)

江崎よしひで氏は東大卒の国の官僚でしたが、山県市の実家へほぼ毎月帰ってきて畑仕事や地域の行事などをやってきた、本当の意味での「岐阜大好き人間」です。家族の生活本拠地が何処にあるのか分からない方と、家族とともに岐阜に住む方とでは、どちらが岐阜の未来を心から考えてくれるでしょうか。

▼静かな正月ですから、こんな時こそじっくりと、知事選では誰に未来の岐阜県を託すべきか研究してみてください。

▼ 第1コマ
元岐阜大学学長で医学博士の森氏が、56歳新しい風の江崎よしひで選対本部長を引き受けたのは何故でしょうか。本来、選挙とは縁遠い人のはずですが。答えはこの画像でどうぞ。政財界からは遠い世界の方からの誠実で真摯な声です。


▼第2コマ
古田知事が4期16年間君臨してきた県庁の職員はどう感じているのでしょうか。私は元教員ですが、県庁11階で17年間勤務してきました。梶原知事、古田知事の下で、そして岐阜県出向中の江崎よしひで氏とも会議で同席しました。しかし、私の気持ちではなく、岐阜新聞の記事を紹介します。

記事本文には「イベント行政に終始している」「職員を大切にしているとは思えない」「庁舎内の雰囲気が悪く知事に意見が言えない状態」「県職員が疲弊し萎縮している」という厳しい批判が並んでいます。岐阜新聞の記者が(圧力にも負けず? かな)頑張って書きました。私もこの批判に同感です。

▼第3コマ
江崎よしひで氏の具体的な政策をご紹介します。詳細はPDFファイルへのリンクからどうぞ。現職の政策も対比しながらご紹介したいのですが、今までの実績はありましたが、岐阜県の未来に向けた政策は見つかりませんでした。県職員が選挙用政策作りに協力していないのかな。

江崎よしひでの政策の詳細版(PDFファイル)

▼第4コマ
江崎よしひで氏の動画で実際の講演の様子を御覧ください。YouTubeへのリンクです。御覧いただければ未来に向けた希望と力が湧いてきますよ。渋い落ち着いたいい声をしていらっしゃいますね。ハンサムだし。羨ましい。
◯教育とはなにか・子育てとは何か (8:59)
◯STEAM教育って何? (10:47)
◯一人親家庭、貧困家庭について語る (4:11)
◯重症心身障害児・者、弱い立場の人たちが希望を持てる社会にするには? (7:26)
◯教育へのタブレット端末の活用についての考えを語る (8:45)
◯岐阜の産業の未来について (10:21)
◯外国人労働者との共生社会について (6:09)
◯「教育と子育て」江崎よしひで&都竹淳也公開対談 (1:02:21)
◯江崎よしひで時局講演会・飛騨市古川会場(2020年12月4日) (1:12:12)

▼第5コマ
江崎ファンになった「あなた」!。江崎ファンの仲間を増やしましょう。仲間を増やすことが明るい岐阜県の未来の実現につながります。もう、停滞した岐阜県とは「さようなら」。5期20年77歳を目指す人ではなく、行動力も政策立案能力も、そしてリーダーシップも勝る新しい風56歳でなければ、岐阜県の未来は開けない。
江崎よしひで氏のホームページ
江崎よしひで後援会ツイッター

▼終わり
長時間にわたってお付き合いいただき、誠にありがとうございました。江崎よしひで氏の話題と共に静かなお正月をお送りください。

157 江崎よしひで「かえれば、かわる!」
155 江崎よしひで開所式 1100人
154 教員(大学学長)が選対本部長はOKなの?
153 岐阜県知事選の争点は何?

▼付記
ネットでこんなコメントを読みましたが、事実だとしてもちょっと言いすぎかな。必要なことは批判合戦ではなく政策論争です。岐阜県の未来の姿で論争しましょう。

158 江崎よしひで氏を知ろう!

【飛騨市長都竹淳也氏のFacebook(12/21)を参考にしています】
▼「江崎よしひでさんを応援する勝手連」の皆さんが、江崎よしひで氏の対談や講演会質疑応答をテーマ別に切り出した動画を作られました。江崎よしひで氏が、シナリオも事前調整もなく、いきなり問われてその場で答えられた記録動画です。
▼私も、江崎よしひで氏が講演会最後の質疑で会場から教育について尋ねられた時、「STEAM教育」に触れながら教育への熱い想いを語られるのを拝聴しました。私は元教員ですが、その内容は私の考えと同じで、江崎よしひで氏の教育に対する理解の広さ、深さ、想いの強さに感動しました。(教育系以外の中央官僚なのにSTEAM教育を理解されていることも大きな驚きでした)▼是非とも下のYouTubeへのリンクから動画をご覧いただき、江崎よしひで氏を知ってください。必ずや応援したくなり、江崎よしひで氏が語る岐阜県の未来を実現したくなることでしょう。
( HP閲覧回数 27,678 回 )

◯教育とはなにか・子育てとは何か (8:59)
◯STEAM教育って何? (10:47)
◯一人親家庭、貧困家庭について語る (4:11)
◯重症心身障害児・者、弱い立場の人たちが希望を持てる社会にするには? (7:26)
◯教育へのタブレット端末の活用についての考えを語る (8:45)
◯岐阜の産業の未来について (10:21)
◯外国人労働者との共生社会について (6:09)
◯「教育と子育て」江崎よしひで&都竹淳也公開対談 (1:02:21)
◯江崎よしひで時局講演会・飛騨市古川会場(2020年12月4日) (1:12:12)

157 江崎よしひで「かえれば、かわる!」
155 江崎よしひで開所式 1100人
154 教員(大学学長)が選対本部長はOKなの?
153 岐阜県知事選の争点は何?

157 江崎よしひで「かえれば、かわる!」

▼2020/12/22の中日新聞に1/24岐阜県知事選のキャッチフレーズ比較が載っていました。
▼古田知事「命を守る。新しい日常を創る」
江崎よしひで氏「かわれば、かわる! 岐阜県に新しい風」
▼「命を守る」は知事として当たり前のことだけれど、5期20年77歳を目指す現職の「新しい日常」とはどのような日常だろうか。4期16年かけて創ってきた日常を捨てて「新しい日常を創る」のは、後期高齢者になろうかという現職にとっては自らの意識改革が大変だろうな。
▼「かえる」は「変える」「帰る」「代える」と漢字があるけれど、どれを想定しているのだろうか。「自由に想像してください」ということかな。「(知事を江崎に)代えれば(岐阜が)変わる!」かな。いやいや「(江崎がふるさとへ)帰れば(岐阜が)変わる!」。パチパチ、座布団1枚。さすがセンスが光ります。「新しい風」に期待できますね
( HP閲覧回数 27,491 回 )

155 江崎よしひで開所式 1100人
154 教員(大学学長)が選対本部長はOKなの?
153 岐阜県知事選の争点は何?

156 生涯学習を市長部局担当へ

▼2020/12/17の市議会一般質問で生涯学習について質問しました。
1/24岐阜県知事選挙で話題となっている江崎よしひで氏は、「コロナの先にある社会に向けて人生100年時代の幸せのかたちをつくる」の講演で、「人生の後半ともいえる60歳以降の人生では、現役時代の名刺や肩書きを必要としない、自分自身の生き方そのものとしての社会に役立つ活動が大切であり、高齢者がそのような活動を普通に行っている社会になれば、みんなが幸せな素晴らしい未来が待っている。是非ともそのような未来を創りたい。」と仰っていました。江崎よしひで氏のように、コロナ対策だけでなく、コロナ後に向けた明確な方向性を分かり易く示すことはとても重要です。
▼私も全く同感で、生涯学習は「人生100年時代」に向けて、社会のあり方を変えていく重要なツールとなり得ます。教育の枠を超えた、地域づくり、未来の社会づくりのための重要なツールへ生涯学習を変えていくべきだと思います。
▼であれば当然、生涯学習を教育委員会が担当するよりも市長部局が担当して、市の将来構想に基づく施策の一つとして、総合的、横断的に立案し、効率よく実施する体制を構築することが望ましいわけです。
▼松井市長からは「市役所の機構改革、施策の推進体制、人材配置、事務分掌のあり方などを検討し判断する。また、仮に部局という形にする場合には、現在の市民協働部門と生涯学習部門を合わせた部もしくは局という構成が、市民の方々と共に歩む、学ぶというまちづくり、人づくりにつながると考えている。」という非常に前向きな答弁を頂きました。
▼今回の質問の背景の一端をご紹介しました。他にもGIGAスクール構想の質問もしましたが後日御紹介させていただきます。
( HP閲覧回数 27,255 回 )


記事は教育長答弁ですが、市長答弁は上記の通りでした。

155 江崎よしひで開所式 1100人

▼2020/12/12に江崎よしひで後援会事務所開所式に行ってきました。約1100人も集まっていたようです。国(内閣府等)でコロナ対策を先導してきたコロナ専門家の江崎氏への「打倒コロナ」の期待コロナ後の新しい国の姿を考えてきた江崎氏への「新しい風」の期待で、会場は凄い熱気でした。
▼江崎よしひで氏の話には上から目線の自慢話などは全くなく、岐阜県の未来に向けてやらなければならない取り組みを、分かり易く、そして説得力を持って語られました。江崎よしひで氏の「ふるさと岐阜」へ寄せる熱い、熱い、熱い思いが私の心に直接響いてきました。嬉しかったです。
▼開所式後、ご子息が私の最後の勤務校の生徒だったご縁で、当時は保護者だった江崎氏の奥様と少しお話をしました。彼(ご子息)は父親が国のために単身赴任で重責の激務に就いている中、また進路実現に向けた勉強で忙しい中、みんなが避けたがる応援団を引き受け頑張ってくれました。思いやり溢れるとてもいい生徒でした。
▼彼の同級生だったみなさん、私が全校集会で話した「若者が投票に行く意義」を覚えていますか。岐阜県の未来、特にコロナ後の新しい岐阜県の姿を誰に託すべきかを、自分の頭脳でしっかり考えて必ず投票に行きましょう
( HP閲覧回数 26,629 回 )

江崎よしひで 事務所開きでの決意表明(YouTubeへのリンク)

154 教員(大学学長)が選対本部長はOKなの?
153 岐阜県知事選の争点は何?

154 教員(大学学長)が選対本部長はOKなの?

▼話題となっている岐阜県知事選挙で、報道によると古田知事が教員である現職の大学学長(専門は英語教育)を選挙対策本部長に据えました。古田知事の選挙運動を教員が担うことになるようです。「あれっ、教員は選挙運動できないはずでは?」と思われた方も多いでしょう。
▼教員(大学学長も含む)の選挙運動制限は様々ありますが、私立大学の学長には公職選挙法第137条「教員の地位利用禁止」が適用されます。ですから、大学学長という地位を利用さえしなければ一般の方々と同様に選挙運動を行うことができ、選挙対策本部長を務めることも法的には可能と思われます。
▼しかし、やはり教育関係者には違和感があると思われます。元県教育長であれば尚更です。ましてや、古田知事が、経済界からではなく現職の大学学長を据えたということは、大学学長という地位、肩書きにも何らかのメリットを見出したからではないかと思うと、教育界は一体どうなってしまうのだという怖さまでも感じてしまいます。(まさか、古田知事が元県教育長という肩書きで教育関係者へ……と考えたわけではないと思います。)
▼なお、私立高校の校長も法律上は現職の大学学長と同じで、地位利用をしなければ選挙対策本部長を務めることが可能と思われます。しかし、教育に理解のある候補者ならばそのような依頼をすることはないのでは、と想像しています。
▼江崎禎英(よしひで)氏の選挙対策本部長は大学学長の医師であり、今は教員ではありません。新聞では、教育者として同じように扱われていますが、現職の大学学長(英語教育)と大学学長の医師では、公職選挙法上も、また教育者としても、立場が全く異なります
( HP閲覧回数 26,376 回 )

公職選挙法
(教育者の地位利用の選挙運動の禁止)
第137条 教育者(学校教育法に規定する学校及び就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律に規定する幼保連携型認定こども園の長及び教員をいう。)は、学校の児童、生徒及び学生に対する教育上の地位を利用して選挙運動をすることができない。


153 岐阜県知事選の争点は何?
都竹飛騨市長の江崎禎英氏応援ビデオ(YouTube)

153 岐阜県知事選の争点は何?

2021/1/24は岐阜県知事選の投票日です。江崎禎英氏(56)と古田肇氏(73)の一騎打ちの気配です。両候補とも国と太いパイプを持ちコロナ対策には精通しているので、コロナ関係では大きな政策の差は無さそうです。となると経歴も行政手腕もほとんど同じなので、77歳5期20年となってしまう高齢多選」対「56歳若手の県政刷新という新しい風」が大きな争点になりそうです。
江崎禎英氏と古田肇氏の経歴は非常によく似ています。参考までに、私が知っている範囲のことを下に整理しました。
▼保守分裂、自民党長老支配、政界・産業界のどこそれの団体が推薦などとマスコミが伝えていますが、岐阜県民が未来を託す人物を選ぶのに、そのような政治の上辺のことはあまり関係ないと思います。各候補者の政策、知事としてのリーダーシップが最も重要な情報であり、それらが県民にとって誰に投票するかの判断材料になるべきです。特に未来の岐阜県の姿やポストコロナに関する政策は県民誰もが関心を持っています。マスコミには、政局ばかりではなく、知事を選ぶに当たっての最も本質的な部分に光を当てて調査報道していただきたいものです。
知事退任後どこに生活の本拠を置かれるつもりかも、岐阜県に寄せる想いの強さを表すので大きな関心事ですが、両候補はどのようなお考えなのでしょうか。自宅(本宅)が岐阜と東京のどちらにあるのか、お子様は岐阜と東京のどちらの高校を卒業されたのかなども知りたいところです。(なお、江崎氏のお子様は岐阜県内の県立高校を卒業されました。江崎氏は単身赴任で東京勤務だったそうです。年何回も帰ってきて地元の行事や畑仕事をされていたそうです。)
▼古田知事は16年間も県庁に君臨されていたので、県庁職員や職員OBはその行政手腕やリーダーシップをよく分かっていそうです。また、江崎氏も、岐阜県庁で総合企画部次長や商工労働部長として勤務されていたので、部下だった県庁職員や県内産業関係者にはよく知られています。そのような近くで一緒に働いてきた方々がどのように判断していらっしゃるかとても興味があります
▼参考までに、江崎氏が商工労働部長の時の直属部下と古田知事秘書との両方の経験がある飛騨市長都竹氏の新聞コメントと応援メッセージビデオを掲載しました。都竹飛騨市長がこれほどの意志を表明されることは、相当な背景があるのではと思ったりしています。県職員OBでつくる県職員退職者協議会も、5選を目指す現職古田肇氏の多選を不支持とし、江崎禎英氏のリーダーシップを評価して江崎氏推薦を決定しています。現職の県職員の多くが加入している岐阜県職員組合も江崎氏を支援しているようです。(下の掲載記事参照)
▼私も、古田知事、江崎商工労働部長という時期の県庁勤務がありますので、両候補の行政手腕やリーダーシップの違いはある程度は分かっているつもりです。
( HP閲覧回数 26,092 回 )

2020年11月27日岐阜新聞から抜粋

都竹飛騨市長の江崎禎英氏応援ビデオ(YouTube)


江崎氏のコロナ対策に関する講演会の岐阜県職員組合ブログ(2020.11.21)