264 スクール・サポート・スタッフ大幅増へ

[通算HP閲覧回数 58,595回 (2022/9/23現在)、連絡先:info@minatani-kiyoshi.com]
▼文部科学省の令和5年度予算に向けた概算要求に、公立中学校部活動の地域移行支援や公立小中学校教育業務支援員(スクール・サポート・スタッフ)大幅増員があります。財務省予算査定、国会審議、岐阜県負担分の岐阜県財政当局予算査定、県議会審議など幾つかの壁があるので、実際に実現するかどうかは不透明ですが、是非とも予算化してほしいものです。
▼文科省の概算要求資料や報道によると、公立中学校の休日部活動地域移行を進めるために、①総合型地域スポーツクラブ、民間事業者、文化芸術団体と学校との連絡及び調整を担うコーディネーターの配置、②指導者の人材バンク設置や講習会開催の補助、③経済的に困窮する家庭の生徒が参加できない事態を避けるための財政的な支援などを要求しているようです。
▼また、公立小中学校の先生が、授業の質をより一層向上させるための授業準備や教材研究に注力できるように、プリントの印刷、採点、電話対応、新型コロナウイルス対策の消毒作業などを担うスクール・サポート・スタッフを、大規模校だけでなく過疎地の小規模校を除く全ての公立小中学校に1人配置できる規模の人数への大幅増員も目指しているようです。
▼これらについては、私が所属する羽島市議会会派からの羽島市への令和5年度予算要望にも盛り込みます

250 部活動の地域移行(議会一般質問)

263 来年の夏休みは長くなるかな?

[通算HP閲覧回数 58,244回 (2022/9/16現在)、連絡先:info@minatani-kiyoshi.com]
▼2022年9月13日の午後2番目に9月議会一般質問をしました。先生方や保護者の皆様の関心が高かった夏休み秋休みの見直しですが、明確な御答弁はいただけませんでした
▼教育長の答弁内容はリンク先のPDFファイル( 9月議会一般質問の質問文と答弁はこちらへ )を御覧ください。私の印象では、新しく設置される見込みの「羽島市新しい時代の学校構想検討委員会」での検討を経て、来年度から夏休みは長くなりそうです。10月3連休に続く平日2日間を休みとするキッズウィークについては、もっと検討して判断というところでしょうか。最終的には教育長と4人の教育委員の多数決で決まります。
夏休みを8月一杯まで長くするか、8月25~27日頃までに留めてキッズウィークを維持するかの判断のような気がします。「平日に休みが取れないため子ども達の対応に困っている保護者が何人ぐらいいるのか」と「平日を休みにすることによって子ども達の体験活動をどの程度拡大できるのか」などについて慎重に検討することになるのでしょうが、「夏休みにできる体験活動は夏休みに実施した方が教育効果は高い」ということの検討もあるかもしれません。
何と言っても忘れてはならないのが、保護者の意向です。夏休みならば職場の理解も得られやすいですが、秋の平日となると、学校が休みで子ども家にいるからといっても、職場には理解していただけないような気がします。
▼ところで、今議会では「羽島市幼保小連携推進協議会」の設置も議論されています。私は県教委勤務時に幼保小連携の担当課長でしたので、こちらにも興味津々です。当時一緒に頑張った担当者が今は文部科学省の教科調査官として活躍しているらしいです。彼女を協議会に呼んで委員の見識を深める機会があると面白いかな。

9月議会一般質問の質問文と答弁はこちらへ(PDFファイル)
262 10月平日の休みを無くして夏休みを長く
議会一般質問

262 10月平日の休みを無くして夏休みを長く

[通算HP閲覧回数 57,863回 (2022/9/9現在)、連絡先:info@minatani-kiyoshi.com]
▼羽島市議会で2022年9月13日午後の最後に、①将来の学校教育の在り方検討会議についてと、②小中学校の夏休み秋休みの見直しについて、一般質問する予定です。
羽島市議会一般質問 LIVE中継 はこちら(羽島市HP)
羽島市議会一般質問 録画中継 はこちら(羽島市HP)
①学校教育の在り方検討会議については、6月議会で中学校部活動の地域移行について一般質問した際に、今後は会議を設置して検討するという答弁を頂いたので、その設置時期、目的、検討内容、委員構成、運営方法などについて、学校現場の一般教員や保護者、児童生徒の気持ち、さらには教育に関する専門的知見を十分に踏まえた議論ができる仕組みづくりが重要なことなど、私の意見や要望を述べながらお尋ねします。
②小中学校の夏休み秋休みの見直しについては、羽島市の夏休みが県内で飛び抜けて短いことと、秋休みを兼ねたキッズウィークが県内では羽島市と羽島郡二町しか実施していないことを取り上げて、8月のまだまだ暑い時期の授業開始による、体育、学校行事、登下校などの熱中症対策や、10月の平日が休みになることによる保護者の負担の軽減、さらには学びに適した時期に授業を実施することの教育効果などの観点からその見直しを提案し、市教委の方針をお尋ねします。
▼夏休みが県下でも特に短いので、羽島市へ戻ることを躊躇したり羽島市から他市町へ転出しようかと思案したりしている先生方、また、10月の平日に学校が休みになり、仕事を休めないのに子ども達が家にいてお困りの保護者の方々、13日午後の市教委答弁にご注目ください。

平29/9教育委員会議事録「夏休み短縮とキッズウィーク導入」(PDFファイル)
令4/7教育委員会議事録「夏休みとキッズウィークの見直し」(PDFファイル)

羽島市議会一般質問 LIVE中継 はこちら(羽島市HP)
羽島市議会一般質問 録画中継 はこちら(羽島市HP)
261 羽島市9月議会開会 議案と一般質問

議会一般質問