241 下水道料金適正化

[通算HP閲覧回数 52,219回 (2022/4/23現在)、連絡先:info@minatani-kiyoshi.com]
▼ロシアのウクライナに対する侵略・民間人無差別殺人に厳重抗議し即時撤退を求める。私の心はウクライナと共に。233 ロシアがウクライナを侵略 )
▼2022/2/9に羽島市上下水道事業経営審議会から「下水道使用料等の適正水準の確保について (答申) 」が提出されました。
▼答申では、①汚水処理に係る費用を受益者である使用者からの使用料により賄うことが原則、②令和3年度から7年度までの5年間の使用料収入を見込んだところ、経費回収率は74%と推計、③今後も汚水処理に係る費用の不足分は、一般会計からの繰入金で賄わざるを得ない、④一般会計は下水道処理区域外の市民からの市税も財源としており、繰入金を受けることは費用負担のあり方や公平性の観点から問題がある、とされています。
▼下水道使用料は、「羽島市の下水道使用料は、平成12年の供用開始以来、20 年以上に渡って据え置かれてきた。現在の使用料2,150円/20㎥は県内で最も低く、国が要請する3,000円/20㎥をも大きく下回っている」ことから、下記の「下水道使用料改定表(税抜き)」が妥当とされています。
▼下水道が整備されていない地域の家庭では、下水道使用料に相当する費用として、各家庭で設置した合併処理浄化槽の清掃・保守点検・法定検査等の維持管理費として約4,000円/月を負担しているようです。市の一般会計から下水道汚水処理費を補填する場合には、市民に対する公平性の観点から合併処理浄化槽の維持管理費と下水道使用料との均衡を図る必要がありそうです。

会議資料「下水道使用料等の適正水準の確保」 (PDF)
「令和3年度羽島市上下水道事業経営審議会会議録」 (羽島市HP) はこちら
222 下水道料金適正化(2回目)
202 下水道料金の適正化
130 市上下水道経営審議会
83 市下水道審議会
67 羽島市の下水道