164 江崎よしひで コロナ対策「岐阜パッケージ」

(通算HP閲覧回数 31,811 回  2021/1/21現在 )
▼2021/1/21中日新聞に、江崎よしひで候補の新型コロナ対策「岐阜パッケージ」の記事が載りました。(岐阜新聞にはこのニュースが載っていない、何故だろう)

▼この政策パッケージは、県民と直接対話しながら政策を考える集会を、何回も開催して創られたそうです。現場の実際の声が届いています。対して、現職古田知事の「オール岐阜」は〇〇理事長、〇〇会長など県内各種組織・団体のトップたちを集めた上から目線の会合らしいです。両候補では、県民に対する目線、姿勢、心の寄せ方が異なるようです。
「江崎は自粛しなくても良いと言っている」という完全に誤った情報をわざと拡散させる方もいらっしゃるようです。しかし私が実際に見聞きしてきた真実は、『江崎よしひで候補は「自粛だけではいけない」「自粛による感染拡大防止と経済活動の両立を目指さなければならない」と語っていた』です。アメリカ大統領選のようなフェイクニュースに惑わされないようにしましょう

▼高級公用車の話題を覚えていらっしゃいますか。確か、兵庫県知事が公用車をレクサスからセンチュリーへ変えたことが発端だったよう気がします。
▼その時に岐阜県の古田知事の公用車も大きな話題になりました。当時の報道によると、古田知事の公用車はヴェルファイアで、2018年に1464万円で購入ているそうです。一つ前の公用車もヴェルファイアで、2013年に791万円だったそうです。購入価格が5年で約2倍。当然、何らかの必要性があっての判断だったのでしょうが、知事在職4期16年から5期20年77歳を目指すことの課題は、案外こんな所に分かり易く表れているのかもしれません。

▼こちらも是非御覧ください。